前へ
次へ

世界ナンバー2の言語、中国語を学習しよう

日本の語学学習として例外はあれど、ほとんどの教育機関が英語を必修としています。もちろん英語は世界共通語であるため、学習するべき語学であるといえるでしょう。しかし、世界で最も使われている言語は英語ですが、次いで2番目に多く使われている言語は中国語です。にもかかわらず中国語を勉強できる機会はどの教育機関でも多くあるとはいえないでしょう。実際に、日本に訪れる訪日外国人観光客はアジア圏が非常に多く、社会に出てからも、中国語を使う機会は少なくありません。つまり、需要はあるのにもかかわらず、学べる機会は日本では少ないという現状があるということです。これからの日本は、世界的なビックイベントが立て続けに開催されます。その中で世界共通語である英語を使いうことはもちろんですが、加えて中国語も話せる人がいるだけでスムーズなコミュニケーションがとることができるでしょう。これからは、英語だけに縛られず、様々な言語を学習できる環境が求められるでしょう。

Page Top